[PR]

 パンダばかりを描き続ける画家がいる。鹿児島市のあごぱんさん(39)。殺し合ったり泥酔してだらしなかったりする人間の姿も、パンダに置き換えると、かわいらしく見えてしまう。「人は見かけに惑わされる」。そんなメッセージを込めた個展が13日、鹿児島市で始まった。

 あごぱんさんは、歴史が好きで、社会科の教員免許も持つ。2002年に鹿児島大を卒業した後、数年間勤めた会社員時代に趣味で動物のキャラクターを描いていた。人によって好き嫌いがある犬や猫とちがって「パンダ」は誰にも嫌われないことに気が付いた。

 「パンダは免罪符。何をしても許される。酔っ払いもパンダにすればかわいくなる」。そんな面白さを感じる一方、かわいさが本質を見誤らせているように感じた。

 「結局、見た目で判断している…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら