[PR]

ジャズピアニスト・山下洋輔さん寄稿

 井山裕太名人(29)が張栩(ちょうう)挑戦者(38)を破り、防衛まであと1勝とした第43期囲碁名人戦七番勝負(主催・朝日新聞社、協賛・株式会社 明治、マニフレックス)の第4局を、碁好きのジャズピアニスト、山下洋輔さん(76)が観戦した。対局はジャズの即興演奏と大いに共鳴するという。

 対局前日に宝塚ホテルに入る。待ち合わせ場所の対局検討室に、囲碁ライターの春秋子こと秋山賢司さんがいた。以前この方の「囲碁とっておきの話」という文春文庫のヒット作を読んで喜んでいたのだが、ひょんなことで秋山さんとお近づきになり、秋山さんを通して憧れの棋士に会える機会が増えた。

 ドラム少年だった片岡聡九段がライブハウスに来てくれたり、小林千寿六段と同時期に滞在していたヨーロッパ体験などを話してすっかりお友達兼弟子になったりした。そのような背景で、今回こういうものを書けというご命令なのだ。

 両対局者が対局室を下見するところから、見学が許された。2人が自分の位置を確かめるために碁盤の前に座る。それだけで、ものすごい表現力が伝わって来たのには驚いた。

 そのあとに盛大な前夜祭があっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら