[PR]

きょうも傍聴席にいます。

 「歴史に残る右翼事件になるに違いない」。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部に向けて銃弾を撃つ計画に加わった右翼活動家はそう信じて疑わなかった。しかし、逮捕後に待ち受けていたのは、思わぬ「裏切り」だった。

 10月9日、東京地裁426号法廷は二重のボディーチェックが敷かれ、厳重な警戒だった。入廷した右翼活動家(57)は傍聴席の支援者に向かって照れ隠しのように「アホ」とささやきながら、共犯として起訴された元暴力団員(47)とは別の被告人席に腰掛けた。

 起訴状によると、2人は今年2月、活動家が運転する車で東京都千代田区の朝鮮総連中央本部前に乗り付け、元暴力団員が門扉に拳銃5発を撃ち込んだ。現場の機動隊員に現行犯逮捕された活動家は「北朝鮮のミサイル発射に堪忍袋の緒が切れた。車で突っ込むつもりだった」と供述。朝鮮総連はすぐさま「(朝鮮民主主義人民)共和国と在日朝鮮人に対する許しがたい暴挙」と糾弾した。

     ◇

 法廷で検察側などが明らかにした証拠によると、事件はこんな経緯で起きた。

 両被告は3年前、仕事を通じて知り合った。10歳年下の元暴力団員は土木会社の社長として活動家の仕事や住居の面倒を見ながら、右翼活動も支えていた。

 突然、「これで総連をやろう」と元暴力団員が拳銃を見せながら迫ったのは、活動家の自宅で鍋を囲んだ今年2月17日。活動家は深く事情を聴かなかったが、「警備の目を引きつけるために近くで街宣をしてほしい」と頼まれて、応じた。

 翌日、元暴力団員は朝鮮総連の近くで街宣車を降りたが、「道を間違えて機動隊員に囲まれた」と言いながら車に戻ってきた。最初の「テロ」は失敗に終わった。

 自宅に居座って帰ろうとしない元暴力団員に、活動家はしびれを切らせ、「何があったのか」と尋ねた。そうすると、元暴力団員はおもむろに服をめくり、腹を見せて「もう命がない」と打ち明けた。細身の体の腹だけがぱんぱんに膨らんでいた。

 それから数日、2人はどこに発砲するかをめぐって夜な夜な言い合いを続けた。活動家は「拳銃は対人兵器。国賊をやらないと」と、大物政治家の実名を挙げた。だが元暴力団員は「朝鮮総連でいいんじゃ」と譲らず、拳銃に手をかけてにらみ合った。2階から下りてきた、活動家の内縁の妻が「うるさい。近所迷惑でしょ! 朝鮮総連でいいじゃない」と叱ると、言い争いは終わった。

 決行は2月23日未明に決まった。活動家は故郷・兵庫県姫路市の土地を売却する権利や携帯電話を解約する委任状を妻に託し、敬礼して「行ってきます」と伝えた。午前3時半すぎには「風邪をひかんように、もう寝ろよ」と電話も入れた。

 「本当は2人が私から離れてしまうのは嫌で、何度もやめるように言いましたが聞いてくれませんでした。私が知っていたことを話すと、私も逮捕されて娘が1人になってしまうので、なかなかお話しできませんでした」。法廷で読み上げられた妻の供述調書はそう締めくくられていた。

     ◇

 なぜ朝鮮総連だったのか。公判の2日目の被告人質問では、これが焦点となった。

 肝硬変が悪化して余命4~5年であることを明かし、発砲を認めた元暴力団員は右手で握り拳をつくって左手で包み込む動作をしてみせるなど、銃の腕前を誇り、「人を傷つけるつもりはなかった」と強調した。だが、なぜ事件を起こしたかについては「あーだ、こーだ言うつもりはないです」と口をつぐんだ。

 検察官の質問には挑発するような口調で答え続けた。

 検察官 「威嚇は誰に対して?」

 元暴力団員 「お好きなように」

 検察官 「総連の関係者に恐怖を与えるため?」

 元暴力団員 「揚げ足を取ろうとしているのは分かるんですが、けがをさせるためではないと言っている」

 検察官 「では誰に向けて?」

 元暴力団員 「国です」

 検察官 「北朝鮮に対して?」

 元暴力団員 「そうです。さっき言いましたやん」

 審理を通じてむしろ浮かんだのは、元暴力団員が朝鮮総連を狙う動機が希薄だったことだ。右翼活動をしたことはなく、現場で取り押さえた機動隊員も法廷で「活動家は把握していたが、元暴力団員は知らなかった」と証言した。事件後に有名右翼から差し入れを受けたと指摘されたが、「どういう人なのか、顔も知らない」と答えた。そもそも朝鮮総連の正確な場所すら把握していなかった。

     ◇

 なぜ、そんな元暴力団員に活動家は協力をしたのか。1992年、天皇訪中に反対して首相官邸前でトラックを炎上させる事件を起こし、右翼の連合組織の幹部も務めた活動家は近年、在日コリアンを非難する右派系市民グループに接近し、排外主義的なデモに顔を出していた。

 弁護人 「あなたは右翼の中ではどういう評価を受けている?」

 活動家 「右翼のリーサル・ウェポンと称されたり、おまわりの中では日本で5本の指に入るテロリスト、軍国主義の亡霊という評価もありました」

 弁護人 「内縁の奥さんとの関係は?」

 活動家 「3年前の終戦記念日に靖国神社で出会いまして。自分の方にも妻の方にもガキがおりましたので、ガキが成人したら籍を入れる予定でした。靖国で爆発事件のあった新嘗祭(にいなめさい)の日が初デートで」

 元暴力団員とは対照的に、身の上を語る表情はどこかうれしそうだった。話は元暴力団員にも及んだ。

 活動家 「若くして組の直参もつとめ、親分に代わって懲役も受けている。自分より若いけれども尊敬の対象でした」

 弁護人 「なぜ総連を狙うのか、聞かなかったんですか?」

 活動家 「シャバにおれん事態があったのかと思った。右翼の義挙は下心があってはいかん。だから、あえて聞かんようにした」

 元暴力団員が初日に道を間違えて街宣車に戻ってきてから、活動家が計画を主導していくことになる。

 活動家 「どうしたんです、言うたら、『道を間違えて機動隊に囲まれた』って。もう冷や冷やですわ。拳銃が見つかったら元も子もあらへん」

 23日午前4時ごろ、警備の機動隊員がいなくなるタイミングで正門前に横付けし、発砲する――。犯行は活動家の提案通りに実行された。

 弁護人 「なぜ23日に?」

 活動家 「22日は竹島の日で、前日から右翼の警戒態勢が敷かれる。警備が緩んだ翌日が成功する可能性が高いと思った」

 弁護人 「なぜ政治家を狙うことをあきらめた?」

 活動家 「二兎(にと)を追う者は一兎(いっと)をも得ず。決死の思いをちゃらにするのはあかんと」

 弁護人 「当時はどういう思いでしたか?」

 活動家 「右翼である以上、テロをやらないと成り立たない。でも、最近の右翼は偉そうなスローガンを掲げて何もやっていない。右翼でもない素人が右翼以上のことをやろうとしている。死に花を咲かせてやろうと思っとったんや」

 最後は涙声になりながら声を振り絞った活動家は、逮捕後も法廷で陳述しようと決起文を準備していたという。だが、起訴直前に思わぬことが起きた。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら