[PR]

 約40店が自慢のカレーを販売する「姫路カレーフェスティバル」(姫路商工会議所青年部主催)が27日、兵庫県姫路市のJR姫路駅前と姫路城を結ぶ大手前通りの歩道周辺で開かれる。今年9月に南工区の再整備が終わり、広くきれいになった大手前通りを活用したイベントの第1弾という。

 フェスでは、青年部のメンバーが各地を食べ歩いて厳選した、姫路市を中心にした播磨地域や神戸市などのカレー専門店やカフェなど約40店のブースが通りの両側の歩道に並ぶ。参加者は容器にごはんが盛られた基本セット(200円)を購入してブースをめぐり、300~500円程度のカレールーを購入して食べる。チキンなどのトッピングやナンのほか、ルーだけ持ち帰りたい人のために専用の容器(100円)を用意する店もあるという。

 午前11時から午後5時まで開催。ハロウィーンが近いためカボチャを使ったジャックオーランタン作り(小学校中学年以上が対象で無料、先着20人程度)や、日本燐寸(マッチ)工業会の協力でマッチアート作り(無料)のコーナーもある。

 問い合わせは青年部事務局(0…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら