[PR]

 12日午前6時5分ごろ、三重県桑名市福岡町の揖斐川導流堤の西側海域で、男性漁師(45)から「転覆した小型船を発見して、1人が沈んだ」との118番通報があった。沈んだのはプレジャーボートで、海に落ちたのは所有者である県内在住の男性(62)の可能性もあるとみて、四日市海上保安部が巡視艇とヘリコプターなどを出して、救助にあたっている。

 四日市海上保安部によると、現場は揖斐川口灯台から約1キロ離れた海域で、プレジャーボートの長さは5・71メートル。船底は赤色で、裏返しの状態で見つかった。男性は紺色のヤッケを着用していたという。現場付近の天気は晴れで、風速は約10メートルだった。