[PR]

 将棋の第31期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第1局が11、12日、東京都渋谷区で行われ、羽生善治竜王(48)が挑戦者の広瀬章人八段(31)に141手で勝った。史上初のタイトル獲得100期に向けて、好スタートを切った。

 対局後、羽生竜王は「最後の最後の方で良くなったと思った。いいスタートが切れた」と話した。

 羽生竜王のタイトル獲得は現在99期で、今回の竜王戦で防衛すると、大台の100期に達する。一方、タイトルを失うと、27年ぶりに無冠となる。

 今年のタイトル戦は名人戦と棋聖戦に出たが、いずれも敗れており、正念場の戦いとなる。広瀬八段は2期目のタイトル獲得を目指す。第2局は23、24日に福岡県福津市である。