ケニアで障害児に寄り添う小児科医 彼らに生きる喜びを

有料記事

文・藤田淳 写真・中野智明
[PR]

(フロントランナー)小児科医 公文和子さん

 障害児を持つケニアの母親のほぼ半数が、彼らを殺すよう圧力をかけられている――。9月末、そんなショッキングな調査結果を、英BBCが伝えた。だが現場の実感としては、「思ったより比率は高いが、日常的にはよくある話」だという。

 ナイロビの中心街から約30キロの場所に、障害児とその家族のための療育施設「シロアムの園」を開いたのは2015年のこと。現在は、定期的に通ってくる子ども40人とその家族に、運転手らも含め14人のスタッフで対応している。

 日々、向き合っているのは重い現実だ。昨年6歳で亡くなったジョシュくんは、重度の脳性まひだったが、健常児の弟が生まれたことで両親に余裕がなくなり、障害を持つ兄はどんどん衰えていった。家族には、「もう健常児が生まれたのだから、この子は逝かせなさい」と言われていたことを、ジョシュくんが重度の栄養失調で亡くなってから、母親から明かされた。

 シロアムでは「通所」を原則…

この記事は有料記事です。残り2858文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント