[PR]

 東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の門扉に拳銃を発砲したとして銃刀法違反などの罪に問われた、元暴力団組員川村能教(よしのり)被告(47)と右翼活動家桂田智司(さとし)被告(57)の裁判員裁判の判決が12日、東京地裁であった。家令(かれい)和典裁判長は「人に危害を加える危険があった」と述べ、川村被告に懲役8年、桂田被告に懲役7年(いずれも求刑懲役10年)を言い渡した。

 判決によると、両被告は2月23日午前3時50分ごろ、中央本部前に乗用車で乗り付けて門扉に向けて拳銃5発を発砲し、門扉を壊した。公判で桂田被告は「車を運転しただけで幇助(ほうじょ)にとどまる」と主張し、川村被告は起訴内容を認めていた。判決は、拳銃を用意して犯行を持ち掛け発砲もした川村被告の方が刑事責任が重いとしたが、桂田被告も現場の土地勘や警備状況に関する知識を生かして共に襲撃を実行したと結論づけた。(小早川遥平)