[PR]

 大阪府の松井一郎知事が府議会の休憩時間中に公用車で外出し、車内で喫煙していたと指摘されたことを受け、松井氏は12日、大阪市内で記者団に車内での喫煙を認める一方、喫煙室代わりに使ったのではなく、休憩のためだったと述べた。その上で「誤解を与えているなら、これから誤解を受けないようにしていきたい」と語った。

 この問題は11日の総務常任委員会で自民党の密城浩明府議が指摘した。府側は府議会の休憩時間中の6分間、庁舎周辺を巡回しながら車内でコーヒーを飲んで喫煙したと認めていた。

 松井氏は12日、記者団の取材に、公用車を使った理由を「休憩に行ったということです。議会で色々なこともあり、考え方を整理するのに外へ出ることもある」と説明。その上で今後は、「公用車で短時間、外へ出ることは喫煙スペースとして使っていると思われるかもしれないから、やめます」と述べた。(楢崎貴司)