[PR]

 阪神の金本知憲監督(50)が今季限りでの辞任を発表してから一夜明けた12日、一部のベテランを除く1軍の選手が甲子園で練習した。13日の敵地中日戦が最後の采配になる。

 練習前、谷本修本部長から選手らへ事情説明があったが、指揮官は自らの口では伝えなかった。「まだ1試合あるので、ということじゃないですか」と選手会長の梅野。練習中、金本監督は吹っ切れた表情で談笑することもあった。

 大山は「プロの世界に導いてくれた方。悔しい気持ちでいっぱい」と神妙だった。糸原は思い出を問われ「若いんだから恐れずに行け、と言ってもらったこと」を挙げた。「突然のことでびっくりした」とは藤浪。在任中に十分な貢献ができなかったことについて「申し訳ない」と話した。