[PR]

 堺市で3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、殺人罪で起訴された姉で建設会社長の足立朱美容疑者(44)が父親も殺害した疑いがあるとして、大阪府警が殺人容疑で逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材でわかった。府警は週明けにも逮捕する方針。

 捜査関係者によると、父親の富夫さん(67)は今年1月、自宅で低血糖状態で倒れ、入院したが6月に死亡した。

 府警のその後の捜査で、富夫さんはインスリンの多量摂取による低血糖で死亡したことが判明。富夫さんが自宅で倒れた際に足立容疑者が自宅を訪れるなどしていたことから、府警は何らかの方法でインスリンを大量に投与し、殺害した疑いがあるとみている。

 足立容疑者は今年3月、練炭による一酸化炭素中毒で弟の聖光(まさみつ)さん(当時40)を殺害したとして、殺人罪で起訴されている。