[PR]

 13日の新潟競馬第6レースでペイシャエリートに騎乗した山田敬士騎手(21)がゴールを間違え、最下位になった。ダートコースを1周半する2500メートルのレースの1周目に先頭でゴールを通過した山田騎手は優勝と勘違いし、スピードを緩めた。ミスに気づいてレースを再開したが12着に終わった。

 山田騎手は今年デビューの新人。ペイシャエリートは2番人気だった。日本中央競馬会は、山田騎手を14日から裁定委員会の議定があるまで無期限の騎乗停止とした。