[PR]

立憲民主党・枝野幸男代表(発言禄)

 (参院選1人区の野党候補者一本化に向けた調整に関し)政党間での調整というより、全国的には市民連合に象徴されるようなみなさん、それぞれ地域ごとにいろんな形であるが、そうしたみなさんとそれぞれの政党がさまざま話し合っていく中で必然的に1人に絞り込まれていけばいい。少なくとも、永田町の談合みたいなことをやるつもりはない。

 基本は2年前の参院選の時の構造です。あのときも政党間が直接ではなく、市民連合と各政党が政策について一致をし、そうした枠組みの中でそれぞれの地域でいろんな事情を踏まえて、結果的に候補者が一本化された。形としてはそういう形で進めていくべきだ。(さいたま市で記者団に)