[PR]

(13日、プロ野球、阪神3―2中日)

 今季限りでの退任が決まっている阪神・金本監督はラストゲームを終え、「執念を見せたかったが、苦しいシーズンで終わってしまった。これは僕自身の指導、そういう環境づくりの能力がなかったということです」と振り返った。

 ただ、この日は成長を見守ってきた「まな弟子」たちが意地を見せた。4番の大山は、二回に同点の足がかりとなる安打を放つなど2安打。5番の中谷は試合を決める決勝打を放った。金本監督は「最後の最後でよかった」と笑顔を見せ、「芽が出て花が咲いてくれないと、僕まで悲しくなる。来年以降、きれいなすごい花を咲かせてほしい」と話した。

 球団は来季の人事を急いでいる。託したいことを聞かれた金本監督は「(次期監督の)考え方、方針のもとでやっていけばいい」とした上で、「だいぶ育成も終わったので、補強に切り替えたほうがよろしいかと思います」と笑いを誘った。最後に「弱いときも応援してくれたファン。そこは一番ありがたみを感じます」と語り、どこかすっきりとした表情で球場を後にした。(辻隆徳)

こんなニュースも