[PR]

 熊本県玉東(ぎょくとう)町発注の道路維持工事を巡り、随意契約を結びやすいよう便宜を図る見返りに現金を受け取ったとして、熊本県警は13日、町建設課長、清田良一容疑者(54)=同町西安寺=を収賄容疑で逮捕し、発表した。金を渡した同町の魚谷建設代表、魚谷信二容疑者(53)=同県玉名市中=も贈賄容疑で逮捕した。

 県警によると、魚谷建設は3月、町発注の道路維持工事を約111万円の随意契約で受注した。清田容疑者は業者の選定にあたり、工事を担う余裕のない会社を意図的に選んで見積もりを出させて魚谷建設に有利になるよう便宜を図り、4月に謝礼として魚谷容疑者から現金30万円を受け取った疑いがある。両容疑者は容疑を認めているという。