【動画】パレスチナ自治区でSUGIZOさんがコンサートを開催=渡辺丘撮影
[PR]

 中東のパレスチナ自治区ラマラで13日夜、ロックバンド「LUNA SEA」「X JAPAN」のギタリストSUGIZO(スギゾー)さん(49)が初のライブを開いた。日本企業とパレスチナのNGOの共催で、鑑賞したパレスチナ人ら数百人から歓声が上がった。

 SUGIZOさんは約45分にわたり計7曲を披露。自身の曲を激しく、時に軽快に演奏すると、観客は手拍子や体を揺らして応じた。また、バイオリンでアラブの代表的な民族音楽を奏でた時には、会場が総立ちになって聴き入った。

 SUGIZOさんが聴衆に「20年前からパレスチナを訪れたいと思っていた。夢がかなった」と英語で語ると、大きな拍手がわいた。公演後には「子どもたちがギターをやりたいと思ってくれたら、うれしい。今後も文化交流の活動を続けたい」と語った。14日にはパレスチナ難民キャンプを訪問した。

 会場にいた英語教員のラフィーフ・アルナオットさん(38)は「日本のスターの演奏を見たのは初めて。難民支援のメッセージに感動した」。日本とパレスチナの民間交流に取り組み、ライブを企画した山本真希さんは「現代音楽を届け、抑圧されている人々に楽しい一時を過ごしてほしかった」と話した。(ラマラ=渡辺丘)