[PR]

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=が14日、全日本女子オープン選手権(静岡・三島市民体育館)の57キロ級に出場し、2016年リオデジャネイロ五輪以来約2年2カ月ぶりの実戦復帰を果たした。3試合を快勝で優勝し、12月の全日本選手権の出場権を獲得した。

 試合後、伊調は「レスリングができる喜びを感じながらやれた」と話した。伊調を巡っては日本協会の第三者委が4月、栄和人・前選手強化本部長によるパワーハラスメント行為を認定した。2月に問題が表面化して以降、伊調が公の場で発言したのは初めて。

 伊調はこの間を振り返り、「葛藤した。苦しい、(レスリングが)やりたいの繰り返し。自問自答して、やっぱりやりたいなというのが正直な気持ちで、挑戦できるものなら挑戦しないと自分自身に負けているのかなと思った」と話した。

 2年後の東京五輪については「年齢も年齢だし、生半可な気持ちじゃ目指せない。5連覇したい気持ちを心の底からつくらないと。100%の自信が持てるまで(状態が)上がってきたら見えてくるのかなと思う」と明言を避けた。

 伊調は今春から日体大で本格的な練習を再開。全日本合宿などへの参加にも前向きな意向を示した。(金子智彦)