[PR]

 プロ野球阪神の新監督に矢野燿大(あきひろ)・2軍監督(49)が就任することが15日、発表された。矢野氏はこの日、兵庫県西宮市内の球団事務所を訪れ、球団側に受諾の意向を伝えた。その後、取材に応じ、「いろいろ考える時間を頂きましたが、タイガースの監督をさせて頂くことに決めました」と語った。近日中に就任会見を開く。

 矢野氏は13日に滞在していた宮崎市内で揚塩(あげしお)健治球団社長と1時間半にわたって会談し、監督への就任要請を受けた。一夜明けた14日早朝、「家族に相談するため」に帰阪した。揚塩社長とは14日も話し合い、報道陣には「明日には結論を出します」と話していた。

 矢野氏は大阪・桜宮高から東北福祉大を経て、1990年秋のドラフト2位で中日に入団。トレードで98年から阪神でプレーし、2003、05年のリーグ優勝に正捕手として貢献した。10年の引退後は解説者として活動し、16年に1軍作戦兼バッテリーコーチで阪神に復帰。今季から2軍監督に就き、「超積極的野球」を掲げて12年ぶりのファーム日本一に導いた。