[PR]

 サウジアラビアの政府の関与が疑われているサウジ人男性記者の失踪事件で、トランプ大統領は13日、関与が事実だった場合、「非常に厳しく対処する」と記者団に語った。ただ、米議会が要求している武器売却の凍結には反対した。

 行方不明なのは米国を拠点に活動するサウジ人ジョマル・カショギ氏。在イスタンブールのサウジ総領事館に入った後に消息を絶った。カショギ氏はこれまで、サウジのムハンマド皇太子が主導する改革などを批判してきた。

 トランプ氏は「非常に状況を深刻にみている」とし、カショギ氏の安否について「初めは彼が殺害されていないことを願った。だが、(状況が)よいようには見えない」と悲観的に語った。その上で、「サウジのサルマン国王に電話で状況を聞く」と話した。

 サウジとの関係では、トランプ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら