[PR]

聖ウルスラ学院英智高校(下)

できると信じる

 「プログラム2番。東北代表、宮城県、聖ウルスラ学院英智高等学校吹奏楽部。課題曲Ⅴに続きまして、三善晃作曲《夏の散乱》。指揮は及川博暁(ひろあき)です」

 2018年10月21日。高校吹奏楽界の頂点、全日本吹奏楽コンクール全国大会のステージにウルスラのメンバー55人が臨んだ。

 顧問の及川がお辞儀をすると、巨大な会場に拍手が響く。バスクラリネット担当の「ミウラ」こと三浦優希(3年)は静かな気持ちでそれを聞いていた。

 初めてこの名古屋国際会議場センチュリーホールのステージに出たのは1年生のときのこと。しかし、コンクールメンバーではなく、打楽器搬入の手伝いとしてだった。

 「必ず自分もここで演奏しよう!」

 ミウラは目標とする場所を目に焼き付けた。

 2017年は東北代表に選ばれることができなかった。しかし、ついに今年、高校生活最後のコンクールで、夢のステージに立つことができた。

 最後の12分間。自由曲《夏の散乱》には冒頭を含めて3カ所もバスクラリネットのソロがあるが、緊張も気負いもなかった。

 「できる! 私にはでき…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも