[PR]

 播州の秋祭りが佳境を迎えた。秋晴れに恵まれた14日は兵庫県姫路市の「灘のけんか祭り」が始まるなど各地で祭りがあり、屋台や獅子舞が練り歩いた。

 「灘のけんか祭り」と異名を取る、兵庫県姫路市白浜町、松原八幡神社の秋季例大祭が始まった。宵宮の14日は、7地区の屋台が町内を練り歩き、次々と神社に宮入りした。

 東山、木場、松原、八家、妻鹿、宇佐崎、中村の各地区の順で宮入りした。締め込み姿の練り子たちがかついだ屋台は、神社前の広場に到着すると、「ヨーイヤサー」のかけ声とともに広場を練り歩き、神様に近づけようと天に向けて何度も高く突き上げられ、観客席からは大きな拍手が送られた。

 15日の本宮は、午前9時ごろ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら