[PR]

 映画のロケ地として知られる茨城県庁(水戸市笠原町)前で映画の撮影があり、県道50号を朝から昼すぎまで封鎖した。休日でも車の通行量が多い地点は日常と様変わり。助監督の指示で走るシーンを繰り返す約500人のエキストラなどで盛り上がった。

 作品は東映制作の劇場映画「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER」。県庁の中庭などでテレビドラマ「仮面ライダー」のロケをしてきた縁があり、制作陣の要望で初めて道路を封鎖した撮影が実現した。

 封鎖したのは県庁西交差点から県庁前交番交差点までの約500メートル。午前7~午後3時に、クライマックスシーンなどを撮影し、県職員やボランティアらが交通整理にあたった。

 県フィルムコミッション推進室…

この記事は有料会員記事です。残り224文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース