[PR]

 石川県の山林に金沢市糸田1丁目の飲食店経営、喜多あき乃さん(30)の遺体を埋めたとして、県警は14日、別の飲食店の従業員岡本充治(みつはる)容疑者(44)=自称大阪市浪速区=を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。2人には面識があったといい、県警は死亡した経緯や動機などについて調べている。

 県警の発表によると、逮捕容疑は、10月9日ごろ、喜多さんの遺体を石川県能登町柳田の山林に遺棄したというもの。9日夜に親族から行方不明の届け出を受けて捜査を始めた。自宅近くの防犯カメラの映像などから、同日午前4時過ぎに、金沢市内の路上で喜多さんに出血するけがを負わせたとして、喜多さんの店で働く佐藤祐樹容疑者(27)=金沢市藤江南1丁目=と岡本容疑者を傷害容疑で逮捕。14日、岡本容疑者の供述に基づき、石川県能登町の山林で喜多さんの遺体を発見した。

 捜査関係者によると、2人は喜多さんの殺害をほのめかす供述をしているという。