[PR]

 過激派組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発し、今年のノーベル平和賞に選ばれたイラクの少数派ヤジディ教徒、ナディア・ムラド・バセ・タハさん(25)には、同じ被害に遭った多くの同胞がいる。ISが拉致したヤジディ教徒の男女は6千人超に上る。性奴隷とされ、尊厳を砕かれた女性たちは癒えぬ傷を抱えたまま、つらい日々を送っている。

 イラク北部の地方都市シェイハンの住宅地に、目立たぬその民家はあった。ISの性奴隷とされ、古里に戻れないヤジディ教徒の女性たちのために、地元のNGO「ニナワ・ヤジディ社会チャリティー」が運営するシェルターだ。

 主婦ゼレさん(27)は2016年から、長女(10)、次女(7)、長男(3)の4人で身を寄せる。「1人でいると怖くてたまらない。あの苦しみは絶対に忘れない。彼らを殺してやりたい」。今月上旬、朝日新聞の取材に、ISによる人身売買で、戦闘員6人の「妻」にさせられた経験をとつとつと証言した。

 14年8月、自宅があったイラク北部シンジャルに近い村がISに襲われた。妊娠5カ月の身重で親族ら74人とともに捕まった。長男を出産後、約300キロ離れたシリア北部ラッカ近郊まで連行され、15年夏、軟禁先の民家に来た初対面のシリア人戦闘員から、こう告げられた。「お前を買った」。「同年代で背が高く、青い目をした男」の性奴隷にさせられた瞬間だった。

 長女、次女と住まわされた2階…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら