[PR]

 新宮市の熊野速玉大社の例大祭(速玉祭、国重要無形民俗文化財)が15日始まり、御神霊を乗せた神馬が練り歩く特殊神事の「神馬(しんめ)渡御式」が営まれた。

 白馬、神職、稚児らの行列は午後2時すぎに大社を出発。約1キロ離れた阿須賀神社で神事をすると市街地を巡行しながら大社に戻り、同4時すぎに祈りの舞台となる熊野川河畔の御旅所へ渡御した。

 16日午後4時すぎから、朱塗りの御神幸船が熊野川の中にある御船島(三重県紀宝町)を目指す「御船祭」がある。9隻の木舟が先着を競って勇壮に島を3周する「早船競漕(きょうそう)」も催される。(東孝司)