[PR]

 「女性と医療を軽視するトランプに危機感を覚え、初めて戸別訪問に参加した。政治には無関心だったので夫も驚いている」

 米ニュージャージー州の下院第3選挙区内に住む元大学病院の専門職ダイアン・ハーディーさん(72)は、11月6日にある中間選挙に向け、投票を呼びかけるTシャツを着て1日に80軒を訪ねる。「玄関先で『私も投票する』と言ってもらえると、変化を起こせていると実感する」と笑顔を見せた。

 2年前の大統領選で「あり得ない」と思っていたトランプ氏当選にショックを受け、自宅で寝込んだ。

そんなハーディーさんが選挙運動を始めた理由とは。

 ところがトランプ政権下で、既往症のある人の保険加入や、女性が妊娠中絶を選ぶことが難しくなる恐れが出てきて「ふさぎ込んでいる場合ではない」と動き始めた。選挙運動の仲間には似た思いの女性が多い。

 同区は大都市フィラデルフィアの通勤圏。民主党のオバマ氏が2008、12年と連勝し、2年前は共和党のトランプ氏が勝った。典型的な「スイング(揺れる)選挙区」だ。

攻勢をかける民主党

 家計所得の中央値は約8万2千ドル(約924万円)で全米の約5万5千ドルを上回る。大卒以上の割合34%も全米平均(30%)より高い。人口の8割超が白人だ。医療や年金、教育を重視する傾向が強く、トランプ氏の言動を不愉快に感じ始めている。下院で23議席を共和党から奪い返せば民主党が過半数を握るという情勢下、民主党は、この郊外選挙区を重点に定めた。

 3期目をめざす共和党の現職トム・マッカーサー氏に、オバマ前政権の国家安全保障顧問で民主党新人のアンディ・キム氏が挑む。キム氏はローズ奨学生として英オックスフォード大で学んだ韓国系米国人。

 8日、キム氏の集会が開かれたビール工房は支持者であふれ返った。キム氏が「万人に医療を手にする権利がある!」と叫ぶと歓声が沸き上がる。手厚い社会保障政策を訴え、トランプ氏から離れつつある穏健な保守層の取り込みを図る。

 会場にはゲストが送り込まれていた。2年前にクリントン氏を大統領候補に指名した民主党大会で、「トランプよ、米国憲法を読んだことがあるか?」と演説したイスラム教徒のキズル・カーン氏。04年にイラクで仲間の米兵を自爆テロから守ろうとして戦死したフマユン大尉の父だ。キズル氏も「医療を守るためアンディを議会へ」と訴えた。

 2年前の選挙で共和党候補に一票を投じたローレル・スミスさん(58)は「今回はアンディに投票する」と話す。難病の息子を育てる。車いすを福祉団体に寄付したというマッカーサー氏を支持していたが、同氏がオバマケア廃止に熱心に動いたと知り、民主党に移ることを決めた。

防戦の共和党「トランプ隠し」

 同選挙区からデラウェア川を越えるとペンシルベニア州の下院第1選挙区だ。郊外型住宅街の代名詞、レビットタウンがある。共和党の現職ブライアン・フィッツパトリック氏が町中に掲げるプラカードには「共和党」の文字がなく、「無党派」とアピールする。

 トランプ氏が昨夏、白人至上主義者を擁護するような発言をしたため、有権者から厳しく追及された。フィッツパトリック氏は「迷うことなく悪事と呼ばなければならない」と応じるしかなかった。穏健な保守層をつなぎとめるため、「トランプ隠し」の選挙戦を強いられている。

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターの5月公表の調査によると、選挙登録した有権者のうち、都市部では「民主党支持」「民主党寄り」と答えた人が計62%にのぼり、「共和党支持」「共和党寄り」計31%の2倍。一方、地方では「共和党支持」「共和党寄り」と答えた人が計54%で「民主党支持」「民主党寄り」の計38%を上回った。

 90年代末から都市部で民主党の、2009年ごろから地方で共和党の優位が強まり、その傾向を転換させるのは難しい。激戦区は、都市部と地方の中間にある郊外に集中する。

 共和党にとって苦しいのは、郊…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら