[PR]

 劇作家で演出家のつかこうへいさん(1948~2010)の生誕70年を記念した企画展が15日、故郷の福岡県嘉麻市大隈町の夢サイトかほで始まった。母校の旧県立山田高校の同級生有志らが、つかさんの手紙や写真など約100点を展示。希代の劇作家の原点を探ることができる。

 つかさんは在日韓国人2世で、地元では「金原峰雄」で通っていた。大隈中学校、山田高校を経て上京し、慶応大学に入学。その後、劇団を立ち上げ、70~80年代には若者の間に「つかブーム」を巻き起こした。「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」などの作品で知られる。

 企画展は、つかさんの功績をたたえ、未来に語り継ごうと、高校の同級生らが開いた。実行委員会代表の岩村裕幸さん(69)は「この地で生まれ大成した人がいることを、地元の子どもたちに知ってもらい、頑張ってほしい」と話す。

 小学生時代の展示では、遠足や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら