[PR]

 12日公開のアニメーション映画「ムタフカズ」の初日舞台あいさつが同日、「池袋HUMAXシネマズ」で行われ、取材に行ってきました。

 登壇者はアンジェリーノ役の草彅剛さん、ヴィンス役の柄本時生さん、ウィリー役の満島真之介さん、ルナ役の上坂すみれさん、クロコ役の成河(ソンハ)さん、マカベ役の藤井隼さん、そして西見祥示郎監督。MCは、同映画にリポーター役で登場するニッポン放送の吉田尚記アナウンサーでした。

 舞台あいさつは金曜日の午後7時30分からということで、観客の皆さんは大人の女性ばかり。恐らく、その多くが草彅くんのファンの皆さんとお見受けしました。SMAPのコンサートグッズ(うちわなど)を手にしている方が大勢いらしたので……。

 まずは、MCの吉田アナが、それぞれの役名と共に登壇者を呼び込み、皆さんが順にステージに上がりました。

 口火を切ったのは草彅くん。「皆様、これからご覧になる方ですよね?」と客席に向かって確認しつつ、「ネタバレにならないようにって言われてるんですけど……、とてもいい作品ができちゃいまして……、もう参ったもんですよね。ありがとうございます、今日は。ホントに僕ら出演者の思いがギュッと詰まった作品なので、声からですね、たぶんエネルギーがあふれ出てると思うので、皆さんに必ず伝わるものがあると思います。今日は楽しんでってください」……と完璧かつ心のこもったごあいさつに、MCの吉田アナはなぜか戸惑い気味。もしかしたら、段取りが少々違ったのかもしれません。

 その後、役名を名乗りつつのあいさつを草彅さんから……と吉田アナが仕切り直し、再び草彅くんがハンドマイクを口元に近づけました。

 「港区からやってきました、ア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも