[PR]

 広島県の山あいにある府中市民病院でこの8月、絵本と音楽の会があった。入院中のお年寄りや地域の子どもたち50人ほどが集まった。

 ギター演奏と歌が終わると、お話ボランティアの浅尾夕佳里(ゆかり)さん(55)が車いすを押されて前に出た。目をつむり、昔話を語り始めた。

 《あるところに、お母さんと3人の息子があった。お母さんは病気で寝ていたが……》

 両足と左手にマヒがある浅尾さんが絵本と出会ったのは、20代のころ。病状が進んで左半身の感覚が徐々になくなり、絶望しかけたときだった。

 やさしい絵と言葉が心にしみた。大丈夫だよ、ここにいてもいいんだよと、言われている気がした。絵本を少しずつ読むようになり、子どもたちに読み聞かせる活動も始めた。

 昨年秋、右足を骨折して入院した。リハビリが思うように進まず、不安ばかりが募った。座ることも難しくて絵本も読めない。しんどくて、友人に電話した。

 翌日、友人が見舞いに来て、絵…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら