[PR]

 手こぎの木舟が川中の島を周回する速さを競う「早船競漕(きょうそう)」が16日、和歌山・三重県境の熊野川であった。15日に始まった新宮市の熊野速玉大社の例大祭(国重要無形民俗文化財)のフィナーレを飾る「御船祭」の行事。

 9隻の木舟は御神幸船の水先案内役で、舟を出す市内9地区の地区対抗戦となっている。木舟は午後4時半に熊野川河口に近い河原を一斉にスタート。それぞれに乗り込んだ地区代表の若者11人は、半身裸になって懸命に櫂(かい)や櫓(ろ)をこぎ、約2キロ上流の御船島(三重県紀宝町)を目指した。そして時に櫂やへさきをぶつけ合って最短ルートを奪いながら、島を3周した。(東孝司)