[PR]

 来年10月の消費増税について、麻生太郎財務相は16日の閣議後会見で「リーマン・ショック並みの大きな話がいま予想できる状況にはない」と述べ、予定通り増税を実施する意向を改めて強調した。

 麻生氏は「今回は今までと違って経済環境は前よりよくなってきている。(消費税率を)上げる状況は整いつつある」と指摘。そのうえで、「今の状況で行けば予定通り上げさせてもらいたい」と述べた。

 消費増税をめぐっては、安倍晋三首相が15日の臨時閣議で増税実施の方針を改めて示し、経済対策の策定を指示。ただ、リーマン・ショックのようなことがあれば、延期もありうるという考えは変わっていない。

 また、麻生氏は首相が増税対策の一つとして挙げた、中小小売店でキャッシュレス決済をした消費者へのポイント還元制度にも言及。「田舎の魚屋で買い物したことあるかどうか知らないけど、クレジットカードなんかでやっている人はいない。(ポイント)還元がどれだけうまくいくか」と述べ、効果を疑問視した。