「行き過ぎる指導」バレー強豪校の監督辞任 松本国際高

[PR]

 今年4月に創造学園高校から校名が変わった松本国際高校(松本市村井町南3丁目)男子バレーボール部の壬生(みぶ)義文監督(62)が昨年度、同部の生徒たちに「行き過ぎる指導」をしたとして、今月4日付で同部監督と同校名誉校長を辞任した。同校バレー部は全国区の強豪。学校が16日に発表した。

 同校によると、先月中旬に外部から「行き過ぎる指導」に関する情報提供があり、事実と確認された。具体的な内容について、同校は「生徒のプライバシー保護の観点から、詳細は差し控える」とするが、体罰に近いことがあったという。

 壬生氏は岡谷工業高校の男子バレー部を強豪校に育てたあと、創造学園高校も全国区に押し上げた。行き過ぎる指導があった当時は校長職も兼ねていた。現在の監督は、息子の壬生裕之教諭が務めている。

 学校側は当事者の生徒に謝罪。16日朝の全校集会でも経緯を説明したという。永原経明校長は「多くの方々におわび申し上げる。今回の件を教訓として、より良い学校にするよう職員一同努力する」としている。