[PR]

 59歳女性。歩くと、足の中指と薬指の付け根あたりに刺すような痛みを感じます。整形外科でモートン病と診断されました。湿布やストレッチをしていますが治りません。治療法を教えて下さい。(東京都・M)

【答える人】菊池恭太(きくち・きょうた)さん 下北沢病院医師(整形外科)=東京都世田谷区

拡大する写真・図版菊池恭太(きくち・きょうた)さん。下北沢病院医師(整形外科)=東京都世田谷区

 Q どんな病気ですか。

 A 足の中指と薬指の付け根部分の神経が刺激され、神経がこぶ状に膨らみ、歩くと周囲にひりひりとした感覚やしびれなどが生じます。特に痛みを感じるのは足を踏み出すときで、女性に多く見られます。

 Q 原因は。

 A 普段の生活で足に繰り返し生じる負担が原因です。例えば、ハイヒールなど足の前側への負担が大きい靴や、先細りの靴などをはいていると、足が圧迫されて神経が刺激されます。中腰の作業やつま先立ちの姿勢が長く続く人もなりやすいです。中高年の方が多いですが、20代や30代の患者もいます。

 Q 治療法は。

 A まずは保存療法が基本です。医療機関で診断を受けて、自分に合ったインソールを作り、足にかかる負担を減らします。炎症を抑えるためにステロイド注射もします。量によりますが、1、2カ月に1回の注射を2、3回して様子を見て下さい。保存療法によって半年以内に多くの人は改善が見られます。

 Q 他には。

 A 患部の負荷を減らすことが大切です。ハイヒールは避け、かかとが低い靴や足底の衝撃吸収性が高いスニーカーなどを選ぶのがいいでしょう。アキレス腱(けん)のストレッチもしてみて下さい。

 Q 改善しない場合は。

 A 手術する方法もあります。痛みのある神経の近くの靱帯(じんたい)を切り、神経にかかる圧力を減らすものです。また、神経にできたこぶが大きい場合は、取り除くという方法もあります。もわっとした感覚が1、2年続きますが、取ってしまえば再発のおそれはありません。

      ◇

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

【メール】  kenko@asahi.comメールする

【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部

【ファクス】 (東京)03・3542・3217

       (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>

https://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/