自民党、改憲シフトあらわ 憲法審査会の幹事総入れ替え

有料会員記事

磯部佳孝、石井潤一郎
[PR]

 自民党は16日、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正に向けた布陣を整えた。主戦場となる衆院憲法審査会の幹事を総入れ替えし、野党との交渉を担う与党筆頭幹事に、首相に近い新藤義孝総務相を充てたのが特徴だ。公明党や野党は強硬路線への警戒感をあらわにしている。

 自民党憲法改正推進本部は16日、党本部で会合を開き、衆院憲法審の幹事を内定した。本部長で首相側近の下村博文・元文部科学相が自ら幹事に就任。これまで与党筆頭幹事として与野党協調路線を進めてきた中谷元・元防衛相と、野党人脈が強い幹事だった船田元・元経済企画庁長官は外れた。

 下村氏は会合後、記者団に「…

この記事は有料会員記事です。残り725文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら