[PR]

 今年のノーベル医学生理学賞に京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)が選ばれた。報道では研究成果が紹介される一方で、「妻の支え」が強調されたものも。なぜ、ノーベル賞では妻も注目されるのか。

 「僕は家族のことは細かいことはタッチせず、典型的な亭主関白として研究に邁進(まいしん)してきた。そうさせてくれた家族にも感謝したい」。受賞決定翌日の10月2日、京大で開かれた会見で、本庶さんはこう語った。傍らには、妻の滋子さん。自身も大学時代、生化学を学んだという。「ずっとここまで主人を支える側に回ってきました」「主人が受賞する結果になり、私としてもうれしく、家庭を支えたこともしょうがなかったかな、という思い」と応じた。

 会見の大半は研究の苦労や基礎研究の大切さについて。家族について語ったのは一部だったが、「妻は神様」「夫婦会見で見せた絆」などと大きく伝えた報道もあった。朝日新聞も会見での滋子さんの発言を紹介した。

 受賞者の素顔を知る妻の言葉へ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら