[PR]

 しにせ料亭のなだ万は、日本料理の魅力を国内外に発信しようと、「都道府県別 産直フェア」を展開する。第一弾は創業のルーツである「長崎県フェア」。11月1日から全国18の直営店で始まるのを前に、プレス向け試食会があり、記者が試食してみた。

 長崎県フェアは、なだ万の屋号の由来である初代・灘屋萬助(なだやまんすけ)が長崎の出身で、1830年に大阪で開業した料理屋が長崎料理を基調としていたことなどから、ゆかりの深い長崎県との共同企画として実施。なだ万自慢の名物料理に加え、長崎県産の食材を使って、なだ万流に長崎の郷土料理をアレンジした全9品の懐石コースを税・サービス料込み1万円で提供する。11月30日までで、5千食の販売を目指している。

豪商をうならせた味

 なかでもかつて浪速の豪商らの舌をうならせ、今も一番の名物料理が、長崎を代表するしっぽく料理の「豚の角煮」だ。通常はコース料理に入れないという豚の角煮を入れることからも、フェアにかける意気込みがわかる。

 料理法は、代々伝わる秘伝のレ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら