[PR]

 フェイスブック(FB)は、個人情報の流出が明らかになった世界各地の利用者約3千万人に対し、通知を始めた。該当者の国別の内訳などは明らかにしていない。

 FBのプライバシー部門副責任者ロブ・シャーマン氏は17日にビデオ会見し、「約40万人の『友達』のリストから、約3千万人分のアクセストークン(FBとアプリをつなぐ認証情報)が盗まれた」と説明した。該当者には、不正入手された可能性のある情報を伝え、不審なメールへの対応を呼びかけているという。

 専門家でつくるセキュリティーチームを立ち上げたり、FB上で共有する情報を利用者が選びやすくしたりして、再発防止に力を入れている、とも語った。

 FBは、利用者の関心に絞った広告で成長してきた。相次ぐ個人情報流出を受けて、利用者が離れたり情報の共有をやめたりすれば、広告収入への打撃になりかねない。

 シャーマン氏は「個人情報を保護しつつ、関連広告を表示する。どちらか一方でなく両立させる」と強調した。

 日本政府の個人情報保護委員会は、FBからの情報流出の報告を受けて、事実関係の確認を進めているという。行政指導や勧告を行うこともありうる。(栗林史子、宮地ゆう)