[PR]

 おじいさんの息子をかたる詐欺師の一味が、金を受け取りに行くと、相手はおじいさんに扮した警察官だった――。奈良県警生駒署が先月初めに摘発した特殊詐欺事件。駐在所の巡査長がおじいさん役を「熱演」し、金の受け子の男(25)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。

 署によると、10月2日午前8時25分ごろ、生駒市の男性(80)の自宅に、息子を名乗る男から電話があった。男は「友人と一緒に株を買ったが、友人が会社から横領した金で買ったとばれた。200万円が必要だ。大阪難波駅に届けてほしい」などと説明した。

 不審に思った男性は110番通報。警察官らは容疑者に気づかれないように私服で男性宅に集まった。生駒台駐在所の一丸彰(いちまるあきら)巡査長(61)も、普段着ている上下グレーの作業着姿でかけつけた。

 その場にいた警察官の中で最年長。男性のふりをして、大阪市中央区の大阪難波駅へ行くことに。

 「さあ捕まえるぞ」と意気込ん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら