[PR]

 エンストしにくく、変速のショックも起きにくい――。コンピューター制御で運転をサポートする「賢い」マニュアル車をトヨタ自動車が売り出した。電動化に自動運転と、「手動」とは縁遠くなるばかりのこの時代。マニュアル車に未来はあるのか、ふだんからマニュアル車を愛用する記者が乗って確かめた。

カローラスポーツに初採用

 名前の「インテリジェント・マニュアル・トランスミッション(iMT)」は直訳すれば「賢い手動変速機」といったところ。トヨタが2016年に小型SUV(スポーツ用多目的車)「C―HR」の欧州向けで初めて採用し、国内向けは6月に発売した新型車「カローラスポーツ」の1・2リットルターボ車に初導入した。

 1966年に発売された初代カローラと「同学年」というチーフエンジニアの小西良樹さん(51)は「いまのカローラのメインユーザーは60、70代。次の50年に向けたファーストバッターとして、もう一度若い方に乗ってもらえるように意識した」。そのため、「車を操る楽しさを味わってもらえるように」とマニュアル車も設定したという。

 6月発売のオートマ車から少し遅れて、8月からマニュアル車が設定された。9月下旬、「トヨタカローラ中京」の本社・吹上店(名古屋市千種区)で試乗車を借りた。

 iMTの機能は、発進時のサポートと変速時のサポートの二つに分かれる。運転席に座ったかぎりでは普通の6速マニュアル車に見えるが、クラッチペダルやシフトノブの動作をセンサーで察知すると、エンジンの回転数をその時々に最適な状態にコンピューター制御するという。

■発進、まるでオー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら