[PR]

 9月4日の台風21号で被害を受けて休園が続く和歌山県由良町の観光レジャー施設「白崎海洋公園」。町は被害が大きいダイビング施設について「新たな使い道を検討する」として、復旧を断念する方針であることがわかった。同園を運営する指定管理者も撤退の意向。町は特産品売り場などについては来春までの復旧を目指すが、町内ではダイビング客の減少を心配する声も出ている。

 同園は1997年オープン。ダイビング拠点の「クラブハウス」のほか、特産物売り場がある「パークセンター」や宿泊ができる「ログハウス」、展望台、キャンプ場などがある。白い石灰岩と青い海のコントラストが美しい白崎海岸でレジャーを楽しむ拠点として人気がある。

 クラブハウスにあるダイビングプールは日本最大級の施設で、ダイビングスクールが体験会やライセンス取得の講習に利用するなど、県外からも多くのダイビング客を町に呼び込んできた。

 同園は98年、2004年にも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら