[PR]

 初公判から判決までの期間が過去最長(207日)となった裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部(木山暢郎裁判長)は8日、男性3人に対する殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた元パチンコ店経営の中村春根被告(47)に無期懲役(求刑・死刑)の判決を言い渡した。

 中村被告は2010~11年、知人の男らと共謀して作業員男性(当時37)、広告会社元社長の男性(同50)、無職男性(同57)を兵庫県姫路市などで殺害したり、監禁して死亡させたりしたとして起訴された。

 検察側は、過去に起きた刑事事件にまつわる恨みや融資金の焦げ付きなどを背景に、中村被告が事件全体を主導したと主張。一方、被告・弁護側は起訴内容の大半を否認し、「懲役3年が相当」と主張していた。

 4月16日の初公判から判決まで70回の公判が開かれ、延べ120人以上が証人出廷。本人の申し出により裁判員3人が交代した。検察側と弁護側の主張が正面から対立したうえ、被害者とされた3人のうち2人の遺体が見つかっていないという複雑な構図が裁判日程の長期化につながった。