[PR]

 育児に悩んだ母親たちが15年前、大阪府富田林市の古い民家を借りた。彼女たちの居場所はやがて約30人の女性が働き、母親たちを支援するNPO法人「ふらっとスペース金剛」になった。立ち上げ時のメンバーが歩みを振り返り、本を出版した。

 南海高野線金剛駅からほど近い民家。「ほっとひろば」と名付けられたその場所で、子どもたちはおもちゃで遊んだり、庭に飛び出したり。母親たちはスタッフに育児相談をしたり、お茶を飲んだり、思い思いに過ごす。

 「ふらっと」はこうしたひろばを市内4カ所に設け、年間のべ8千組の親子が訪れる。育児ヘルパー派遣や預かり保育などの事業も展開し、今年4月には定員5人の家庭的保育施設「Kotona」も開設した。

 もとは育児に悩む母親たちの居場所だった。市主催の女性講座や生協活動で知り合った10人が2003年、月5千円ずつ出して家を借りた。ふらっと寄れて、フラットに支え合おうとの思いで「ほっとスペース」(後にほっとひろばに改名)を開設。近隣の親子が集まるようになり、支援活動を始めた。

ママをママが支援する
前代表の岡本聡子さんは、大学在学中に妊娠し、就職を断念して家庭に入りました。知り合いのいない東京で育児に消耗し、娘2人を抱えてベランダから飛び降りようとしたことも。子育て支援の拠点を作った経緯を語ってくれました。

 ちょうど子育て支援の必要性が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら