[PR]

 ネット証券が、投資信託の購入でポイントがもらえる仕組みを導入し始めている。ためたポイントを新たな投信購入に充てたり、別の買い物にも使ったりできる。一般の買い物感覚で、初心者にも気軽に投資を始めてもらう狙いがある。

 松井証券は今月22日から「松井証券ポイント」を導入する。投資信託を購入すると、購入手数料分と同じ額がポイントに還元されるほか、預かり資産残高の0・1%分に相当するポイントがたまる。ためたポイントは新たな投信の積み立て購入に使えるほか、ギフト券などと交換できる。ジャックスと提携したクレジットカードも発行し、他の買い物でもポイントをためられる。

 楽天証券は今月28日から、楽天のクレジットカードで投信を買えるようにする。カード決済では積立額100円につき1ポイントをためられる。楽天カードを使った別の買い物でためたポイントを投信購入にも使える仕組みは、すでに導入している。

 相次ぐポイント導入の背景には…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも