樋口公啓さん死去 元東京海上火災保険社長

 樋口公啓さん(ひぐち・こうけい=元東京海上火災保険〈現東京海上日動火災保険〉社長)が16日、胆管炎で死去、82歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日午前11時から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿で。喪主は妻優子さん。連絡先は東京海上日動火災保険秘書室(03・3212・6211)。

 鳥取県米子市出身。1960年に東京海上火災に入った。社長時代には、日動火災海上保険朝日生命保険などと経営統合を見据え、ミレア保険グループの発足に尽力した。その後、朝日生命との統合は破談となったが、日動火災との統合に道筋をつけた。