[PR]

 高校の警備員だった男性(当時68)が勤務中に急性心筋梗塞(こうそく)を発症し、死亡したのは、長時間労働による過労が原因だったとして、男性の妻が東京労働局渋谷労働基準監督署に労災申請した。遺族と代理人弁護士が17日に記者会見して明らかにした。

 男性はグローブシップ警備(東京)の契約社員として、4年ほど前から東京都世田谷区の私立高校の警備業務をしていたが、今年2月7日の夜勤中に倒れ、4月2日に亡くなった。

 代理人によると、男性の勤務は「夜勤・全日」「日勤早出」「宿直早出」の3パターンで、いずれの日も終業時刻は翌日午前8時半だった。昨年9月からは3人交代から2人交代勤務になり、残業時間は多い月で130時間を超えていた。休日もほとんど取れず、発症前1カ月間は22日連続で勤務し、3日連続で帰宅できない時もあった。

 同社は「労基署が審議中の事案であり、コメントは控える」としている。

 代理人の川人博弁護士は「警備や運輸など人手不足の業界で働く高齢者が増え、過重労働の相談も多い。高齢な働き手に配慮した労働環境の整備が必要だ」と語った。