[PR]

 建物自体を揺らして実験することができる名古屋大の「減災館」(名古屋市千種区)にKYB子会社製の免震用オイルダンパーが8基、設置されていた。

 減災館は鉄筋コンクリート造り5階建て。名大が防災教育や研究拠点として2014年に整備した。データを改ざんされた免震装置と同じ型の製品が地下に設置されているという。

 館内には研究施設のほか、一般に公開している防災学習の展示室などもある。これまでに数十回にわたり建物を揺らした実験などを実施したが、問題はなかったという。

 名古屋大減災連携研究センター長の福和伸夫教授は「早期に体質を改善し、地震被害の軽減に本気になって取り組んでほしい」と話した。