[PR]

片岡仁志さん(1936年生まれ)

 《声ひとつない静けさ。誰も叫んだり泣いたりしませんでした。本当にあんな静けさがあるんですかね》

 片岡仁志(かたおかひとし)さん(82)は私に「その瞬間」のことを、そう語った。「原爆」と「静けさ」――。私は、その二つの言葉を結びつけることができなかった。

 片岡さんは9歳のとき、爆心地から約1・8キロにある長崎市本原町2丁目(今の辻町)の自宅で被爆した。「原爆そのものについては知らないんです。覚えているのは一瞬の強い光だけです」。そして、少し時間が経って意識を戻した時のことを、こう表現した。「阿鼻叫喚(あびきょうかん)もない、忘れられない静けさ」

 カトリックの司祭として、長崎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら