サザエ密漁の罪で前横須賀市長を略式起訴 横須賀区検

太田泉生
[PR]

 サザエを密漁したとして書類送検された前神奈川県横須賀市長で会社役員の吉田雄人氏(42)=横須賀市=について、横須賀区検は17日、漁業法違反の罪で略式起訴し、発表した。

 起訴内容は、吉田氏が7月3日、神奈川県三浦市の海で、入漁権がないのにサザエ22個を採取し、漁協の漁業権を侵害したというもの。

 吉田氏は海岸でサザエを捕ったあと、目撃者の通報で駆けつけた県警三崎署員の事情聴取を受けた。問題発覚後にウェブサイトを更新し、「友人の誘いで海へ行く途中に網などを購入し、1時間ほど海の中に入りサザエをつかまえていました」と説明していた。

 吉田氏は横須賀市議を経て、2009年から横須賀市長を2期務めた。昨年6月の市長選で新顔候補に敗れている。(太田泉生)