[PR]

 油圧機器大手「KYB」による免震・制振装置の検査データ改ざんの問題。兵庫県内では、阪神・淡路大震災の教訓を伝える「人と防災未来センター」(神戸市中央区)など、9市の計31施設で不適合品の疑いがあるオイルダンパーが使われていることを、県が17日に発表した。

 県によると、人と防災未来センターでは、2002年にオープンした地上7階、地下1階建ての西館の制振システムで使われていた。県はダンパーが何本使われているのかを調査している。4階の空調機械室の壁には、「カヤバ工業株式会社」(現・KYB)と書かれたダンパー1本が取り付けられていた。

 県防災企画課の担当者は「防災教育の拠点となる施設で、防災の装置に問題のある疑いが出たことは残念。多くの人が利用する施設なので安全への対応をしっかりしたい」と話す。

 県施設では他に、県立淡路医療…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら