拡大する写真・図版 出水平野に飛来した第1陣のナベヅル2羽=18日午前7時7分、鹿児島県出水市荘、全日写連奈良和憲さん撮影

[PR]

 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水市の出水平野に18日、今季第1陣となるナベヅル2羽が飛来した。同市の荒崎地区で午前6時40分ごろ、地元の人が見つけ、県ツル保護会の職員が確認した。昨季より4日遅かった。

 出水平野では、1997年から21季連続で飛来数が1万羽を超える「万羽鶴」が続いている。昨年は11月25日の羽数調査で1万5360羽を記録した。(城戸康秀)